読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おままごとに思ふこと

忘れたくない レシピ の備忘録

朝食用ビスケット

f:id:kuu1019:20160522165703j:plain

 

材料

小麦粉 80g

グラハム粉 20g(シナモンやクローブなどのスパイスを混ぜることもあります)

きび糖 大さじ2

クルミ 20g(砕いてフライパンで炒る)

ココナッツオイル 大さじ2

豆乳 大さじ2

作り方

1.ボウルに粉類(小麦粉とグラハム粉、グラハム粉がない時は全粒粉やそば粉やコーンフレークなどを細かくして混ぜます、スパイスも混ぜたりします)と砂糖を入れ、ドレッチ(カードともいう)でサクサクと混ぜる

2.そこへクルミとオイルを入れ切るようにサクサクと混ぜる

3.豆乳を加え、サクサクと混ぜ、粉気がなくなれば、まとめる

4.オーブンシートの上へのせ、その上からラップをのせ、サランラップとオーブンシートの間の生地を、綿棒で厚さ3㎜程に伸ばし、ラップをはがす!

5. 180℃に予熱をしたオーブンで20分前後(こんがり焼けて、回りが少し焦げるくらい)焼成して、冷めたら適当に割って、器に入れ湿気ないように置いておき、翌朝食べる。

 

 

時間がない時は市販の焼き菓子を買いますが、休日には超簡単に自分が食べるだけの焼き菓子を作ります。

 

 

近所の石窯パン屋さんへ仕事でパンを焼きに行くようになってから、早起きをするようになり、必然的に早寝と昼寝も習慣になりました。早寝早起&昼寝は体と心には良いようで、以前より疲れなくなり、ベットで横になれば3秒で眠れるようになりました。

 

早朝、起きることはあまり苦ではなく、目覚めもよいのですが、午前4時前に起きると食べたいと思えない事もしばしばあります。けれど、石窯でパンを焼くのは力仕事なので食べてないと動けません。なので、甘い焼き菓子やクッキーと珈琲。それと甘酒を豆乳で割って温めたものなどを食べてから出勤します。

 

小さいころからパン屋さんが好きだったり、粘土遊びが好きだったり。要は粘土のようにふにゃふにゃしたもので、自分の好きな形を作ることが楽しい性分。あれこれあっても、パンを作り焼くことから離れられず、気がつけば20年以上経ちました。

f:id:kuu1019:20160522165731j:plain

  

 どう見てもそっくり!? ☟(^^;)この本好き☟

まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとクラッカーの本

まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとクラッカーの本

 

 

 

jp.pinterest.com